去勢・避妊手術について

Q.なぜ去勢および避妊手術が必要ですか?

 

 去勢手術

 避妊手術

 メリット

  • 問題行動の抑制
  • 前立腺疾患の予防
  • 肛門周囲腺腫の予防
  • 会陰ヘルニアの予防
  • 希望しない妊娠の回避
  • 卵巣疾患の予防
  • 子宮蓄膿症の予防
  • 乳腺腫瘍の予防

 デメリット

  • 全身麻酔
  • 肥満傾向
  • 縫合糸のアレルギー
  • 被毛の変化
  • 全身麻酔
  • 肥満傾向
  • 縫合糸のアレルギー
  • 被毛の変化
  • 尿失禁

 

以前は「希望しない妊娠」を回避する目的に行われていましたが、最近ではペットの飼育環境の変化に伴いそのようなことがほとんどなくなり、むしろ「発情期の問題行動(スプレー行動、攻撃行動、マウンティングなど)の抑制」や「性ホルモン関連疾患(肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア、乳腺腫瘍など)の予防」を目的として行われます。

 

Q.手術をすると病気の予防になりますか?

雄犬では精巣を取り出しますので、精巣の疾患は100%なくなります。

また雌犬では乳腺腫瘍は避妊手術による回避効果はよく報告されています。それは初回発情前に手術をした犬では乳腺腫瘍になる危険性は0.5%、1回目の発情後では8%、2,3回目の発情後では26%であり、4回目の発情後または2.5歳以降の手術では回避効果はないといわれています。

 

Q.いつから手術ができますか?

初回発情は生後6か月ごろから始まります。初回発情が来る前後の生後6か月以降から可能です。 また小型犬では乳歯が遺残することがあるので、生後7か月以降に抜歯も含めて処置をすることがあります。

 

Q.手術をすると肥満になりやすいですか?

たしかに肥満になりやすいようです。手術後のホルモンバランスの変化や活動性の低下による運動不足などが原因といわれています。手術後は適度な運動や適切な食事管理に気を付けましょう。

 

Q.手術をすると性格は変わりますか?

発情期に伴う攻撃性や逃走癖などは減少します。しかし根本的な性格はほとんど変わりませんので、元来の性格における問題行動の矯正にはあまり期待できません。

 

Q.手術の流れを教えてください。

手術は完全予約制(手術当日は午前中に来院していただきます)になります。事前に一度来院していただき血液検査やワクチン接種など健康診断を受けてください。

基本的に去勢手術は当日退院、避妊手術は1日入院となります。手術後3〜5日後に再診していただき、抜糸は手術後10〜14日後になります。

 

 

手術にはメリット・デメリットがあります。ご家族で相談して手術を受けるか判断してください。

ただ「いつかは手術が必要よね・・・」と家族の意見が一致している場合には、少しでも早く手術を受けることのほうが意義があると思われます。

 

▲このページのトップに戻る