膝蓋骨脱臼について

Q.膝蓋骨(しつがいこつ)脱臼とは?

膝蓋骨とは後ろ足のいわゆる”ひざのお皿”が内側もしくは外側にズレてしまう状態です。特にポメラニアン、マルチーズ、チワワなどの小型犬では内側にズレる内方脱臼がよくみられます。

 

040213_2.jpg

参照:すくすくアニコム

  

Q.原因は何ですか?

先天性では後ろ足の骨格や筋肉、靭帯などに生まれつき異常があり、若齢時から発症するか加齢とともに進行し、片側でも両側でも起こり得ます。 後天性では交通事故や転落などの外傷によって発生し、ほとんどの場合片側であることが多いです。

  

Q.どんな症状がありますか?

無症状のものから歩行異常まで様々に見られます。

グレードをSingletonの分類で表すと

  • GradeT:膝蓋骨は正常な位置にあるが、手で押すと脱臼するが自然に正常の位置に戻る。
  • GradeU:膝蓋骨は不安定で寝起きなど屈曲時や手で押すと脱臼するが、手で戻すことができる。
  • GradeV:膝蓋骨は常に脱臼しており、手で戻せるが手を離すと脱臼状態に戻る。
  • GradeW:膝蓋骨は常に脱臼しており、手で戻すことができない。足を挙上させたままのことが多い。

脱臼が習慣化していると痛みを示さないことが多いですが、それ以外に疼痛、腫脹、跛行(足をケンケンすること)、挙上(足を挙げたままにすること)などがあります。

  

Q.治療は?

症状が軽度で日常生活に影響がなければ消炎鎮痛剤などの内科治療で様子をみることもありますが、長期に跛行や挙上をしていると筋肉の萎縮を引き起こすため、後々歩行に悪影響を及ぼす恐れがある場合は外科手術が必要です。

 

▲このページのトップに戻る