治療方針

 

koinu016.jpg当院は以下のような治療方針に基づき、日々大切なご家族を診察させていただいています。

 

方針 1 ストレスの少ない診察

動物病院へは予防や日常ケアのみならず、病気を心配してご来院される患者様も多くみえます。いつもとは違う環境の中、必要以上に震えてしまったり、吠えたり、時にはお漏らしをしてしまう患者様もみえるかもしれません。そんな時も当院ではスタッフ一同、患者様のみならず飼い主様の不安な気持ちをしっかりと受け止め、極力ストレスのない診察をさせていただくよう心がけています。

病院嫌いの患者様も当院なら安心して来られる、そんな動物病院でありたいと考えています。

 

方針 2 丁寧にご説明いたします

飼い主様の疑問を残すことなく、時間をかけてわかりやすく説明させていただきます。

病気で来院された患者様は動物病院で聞きなれない専門用語をお聞きになることも少なくないと思います。どんな病気なのか、なぜ病気になってしまったのか、これからどのように対処していけばいいのかなど疑問や不安をできる限りなくしていただけるよう心がけています。

飼い主様が納得できないまま治療を進めるようなことはありません。

 

方針 3 大切なご家族をお預かりする責任

話のできない患者様だからこそ、私どもの家族のように大切に治療させていただきます。

処置や入院などでやむを得ず、飼い主様と一時離れて当院へお預かりさせていただく場合、一番つらい思いをされるのは患者様だと思います。そんなとき 話のできない患者様がご家族と離れてより辛い思いをされないようスタッフ一同心をこめて対応させたいただきます。

大事なご家族を責任緊張感をもってお預かりいたします。

     

 

▲このページのトップに戻る